feel dizzy

ichinicsの主にマンガ日記

米代恭

「あげくの果てのカノン」1、2巻/米代恭

『あげくの果てのカノン』は私にとって、「自分の反応」に戸惑う作品だった。 物語を楽しむことにおいて感情移入というのは必須条件ではないと思うけれど、それでも読んでいる間は、主人公に対してある一定の印象をもっていることが多いと思う。 けれどこの…