feel dizzy

ichinicsの主にマンガ日記

「違国日記」1巻/ヤマシタトモコ

以前から好きだけどこの数年で、ヤマシタトモコさんは私にとってすっかり特別な作家の1人になった。年に1回くらい、そろそろまた新鮮に読めるかな?って本棚から取り出して読んで、やっぱり私この漫画が大好きだー!って転げたくなる本が多い(そのルーティンをつい最近もやった)。そういう漫画家さんです。
昨年完結した「WHITE NOTE PAD」*1も大好きだったので、新作もとても楽しみにしてたんですが、この「違国日記」もやっぱり、とても好きな作品になりました。

「違国日記」は、両親を事故で亡くした高校生の「朝」と、その叔母である「槇生」が一緒に暮らし始める、つまり違う国の住人どうしが、一つ屋根の下で折り合いをつけていく物語。
槇生が不躾な親族に啖呵をきるシーンとか、少し気恥ずかしいほどにかっこいいのだけど、それは槇生が少女小説家という設定とあっているようにも思う。世代的に私は槇生の視点で読み始めていたので、だから大人になっても「国」を持つことは許されているんだなと思えるお話なのが心強いと感じました。
けれど、両親の死を「悲しめない」と戸惑う朝への対応や、友達からのメールへの返信になやむ場面などを読むうちに、これは特に「朝」の世代の子に読んでほしい漫画だと強く思った。
児童文学にはこういった、親がわりの存在と関わる物語って普遍的にあるけれど、漫画で扱われるのは近年そう多くないんじゃないだろうか。仕事柄「朝」の世代の子どもと関わることが多いのですが、「家族」を無条件に正しいものとして描かないお話というのは、特に今必要とされてるんじゃないかな、と思っています。
他人の前で感情を強制されないということの自由さ、別々の国に生きていることをそのまま肯定しているかのような心安さが読んでいて気持ちいい。彼らがこれからどのように国交を深めていくのか、続きがとても楽しみです。

「かしましめし」1巻/おかざき真里

あるきっかけで再会した元同級生3人がごはんをともにするようになる…というお話。
好きな人たちとおいしいご飯を食べる時間を通して、その底にあるそれぞれの悲しさとか切なさみたいなものがじわじわと癒えていく。

私たちは何度も生き返る
小さく小さくくりかえし 生まれ変わる

という冒頭の言葉の通り、ご飯を食べ、血肉とすることで、人の身体は少しずつ入れ替わっていく。そういう希望を描いたお話なんだろうなと思います。
特に、何か悩んでいることがあったとしても、それを口にすることが友情、みたいに描かないのがほんとうに優しくて好きだな…と思った。それぞれの問題はそれぞれに抱えていくこと、というのはおかざき真里さんのお話に共通するテーマのようにも感じます。

特にぐっときたのが、主人公の1人である男性が

カミングアウトする時は……
―-特に親に
「楽しい人生」を演じ続ける覚悟がなきゃだめよ

と言われるシーン。
セクシュアリティの問題だけでなく、マイノリティであることを選択するというのは多かれ少なかれそういうところがあって、
もし少しでも弱音を吐こうものなら「ほら間違っていたでしょう」と言われるんじゃないか、と気をはってしまうところが、あるように思う。
自分のあり方を後悔しているわけじゃないのに、「楽しい人生」を演じなければということを重荷に感じてしまう。
そのジレンマが苦しくて、でもそれを描いてくれてありがとうございます、と思いました。

あとこの「かしましめし」は出てくるご飯がどれもとてもおいしそうで、なおかつ作り方もかいてあるのが最高です!
なんと1巻なのでまた続くんですよね、嬉しいなぁ!
続きもとても楽しみです。

「あたらしいひふ」/高野雀

デビュー作「さよならガールフレンド」刊行時に特設サイトで公開されていたのを読んだことがあってえ、とても好きだったので楽しみにしていた単行本化。今も2話目までWEB上で読めるのですがかなり書き直されているのがわかってすごい…となりました。

あたらしいひふ (Feelコミックス FC SWING)

あたらしいひふ (Feelコミックス FC SWING)

その表題作は、女性4人それぞれの視点から描いた洋服についての物語。
服を選ぶのが苦手な人、武装するように服を着る人、無難なものばかり選んでしまう人、かわいいで強くなる人。
それぞれのやり方はどれも間違っていないし、でもその4人が仲良くなってお互いの世界を知ることで、きっと変化することだってできる、っていう可能性を提示して終わるのがとても好き。
洋服を着るって自分を表現することでもあるし、だから洋服を選ぶのは自分について考えることでもあるんだよな、ということを思いました。

「わたしの「かわいい」はお前には通じないかもだけど わたしの気持ちを強くしてくれるんだよ」

って台詞が最高に好きです。

読みながら思い出したのが、学生時代って、持ち物とかファッションとか、友だち同士で似た雰囲気になっていたなということ。
それはきっと目印でもあったんだなと思うんだけど、
大人になるにしたがって仲良くなるためのツールが増えて、ファッションもそのひとつなんだなと思えた瞬間に、自由だーって感じたことを思い出したりもした。

自分の容姿との折り合いをつけていく過程については作者の「13月のゆうれい」とも繋がる…と思ってたらあとがきに「あたらしいひふ」を描きなおす感じではじめた、と書かれていて、そう思いました! と思ったりもした。

ichinics.hatenadiary.com

13月のゆうれい  1 (フィールコミックスswing)

13月のゆうれい 1 (フィールコミックスswing)

「さよなら、おとこのこ」1巻/志村貴子

志村貴子さんのBL最新作。「娘の家出」が完結して今連載中なのは「こいいじ」と「淡島百景」でしょうか。多作でどれも面白くてすごい…。たくさん描いてくださってありがとうございますという気持ちでいつも新刊を手にとっています。

さよなら、おとこのこ(1) (ビーボーイコミックスデラックス)

さよなら、おとこのこ(1) (ビーボーイコミックスデラックス)

「さよなら、おとこのこ」は、主人公のかなで(25才)がなぜか小学生になってしまう…、というところからはじまるお話。
なんで子どもになってしまったのか、という謎を抱えたまま、そこに同棲中のユウキの弟が転がり込んでくる。
同性同士で付き合っているということも内緒なら、その恋人が小学生になってしまったということも内緒でさあ大変、という話になるのかと思いきや、物語は登場人物が増えるごとに、新たな事実がわかっていく構成になっていて、
1巻の終わりには、ついにかなでが「ユウキとの出会い」に疑問を抱くんですよね。
ブコメだと思って読み始めたのが、いつの間にかミステリーというかホラーというかサスペンスになっていたので、続きがとても気になります。
おそらくかなでが劇団員であること、そしてユウキの弟にライバル心を抱いていたことあたりが鍵になっていくのかなと思うんだけど、
演じるということと物語を描くということが現実にどう作用するのか、というSF的な話になるんだとしたらとても好きな題材だと思うのでとても楽しみです。

崖際のワルツ/椎名うみ

青野くんに触りたいから死にたい』の1巻が最高に面白くて気になっている椎名うみさんの短編集。
四季賞受賞作の『ボインちゃん』とその続編的な『セーラー服を燃やして』、それから表題作の『崖際のワルツ』の3編が収録されています。
青野くんに触りたいから死にたい』を読んだときに、作者はどの程度意識的に、主人公(刈谷さん)のずれた感じを描いている方なんだろうと気になっていたのだけど、この短編集を読んですごく腑に落ちたように思った。

『ボインちゃん』と『セーラー服を燃やして』に共通して登場する内藤さんは、自分のことを「空気読めない藤」と自称している。
『ボインちゃん』は、そんな内藤さんの「空気を読まなさ」に主人公(まおちゃん)が救われるお話。
そして、『セーラー服を燃やして』は、内藤さんの空気読まなさをそのまま受け入れているまおちゃんに内藤さんが救われるお話になっている。起きている出来事自体には恐ろしいところもあるんだけど、2人の関係をみるととても幸せな裏表に思える。
そしてその関係性を描くうえでの進化形ともいえるのが表題作『崖際のワルツ』なのだと感じました。

高校の演劇部で出会った「美少女だけど空気の読めない大根」と、彼女を演出しようとする演劇好きの少女。
そんな2人が演じる2人劇のやりとりがめちゃくちゃ面白い。
お互いを利用しているだだった関係が、舞台上で変化していく過程がものすごくスリリングかつ魅力的でした。

そして、この場面にこそ、『青野くんに触りたいから死にたい』の面白さの原点があるように思う。
作者は「刈谷さん」を演出している。でもそれは決して彼女を見世物にしようとしているのではなく、『崖際のワルツ』の2人のように、刈谷さんとワルツを踊っているのがきっと作者自身なのだと思った。

ichinics.hateblo.jp

「青野くんに触りたいから死にたい」1巻

年始に第1話がTwitterなどで話題になっていたのにつられて読んだときに、冒頭から1話の終わりまでみっちりおもしろくてすごいなと思ったのですが、そんな「青野くんに触りたいから死にたい」の1巻が、ものすごく、面白かったです。
とりあえずこの第1話を読んで面白かったら、1巻を買って損はないと思います。まだweb公開されるのでぜひ…!

www.moae.jp

第1話の時点で、切実さゆえのおかしみと切なさが溢れていて、数ページごとに笑いながら切なくなる、という複雑な精神状態に追い込まれるのですが、1巻まるごとその勢いが失速しないのがほんとうにすごい。
1話だけをみると、この2人はお互いのことをあまりよく知らないままのようにも感じるんですけど、1巻を読むとちゃんと幽霊と人間として関係を積み重ねていくので、ちょっとずれているところはあるけど、人を好きになるのって多かれ少なかれこんな風にちょっと変になることなのかもしれない…という気がしてきます。
特に、触れたいという願望を実現させるために生み出されたこの枕技の描写はすばらしいと思う。

この第1回では笑ってしまったけれど(この後の展開が天才だと思う)、繰り返されていくうちに、それが何であっても「触れた」と錯覚したいっていう気持ちのいじらしさが伝わってきてぐっときます。

1巻には新たなキャラクターが2人登場するのですが、どちらも主人公たちと同じくとても真剣だからこそのおかしみを伴いつつ、物語の速度を損なわない強いキャラなので、これからどう展開するのか、とても楽しみです。

2巻は10月発売予定ですが、来月には短編集もでるみたいなので楽しみ!!

崖際のワルツ 椎名うみ作品集: アフタヌーン

崖際のワルツ 椎名うみ作品集: アフタヌーン

「広告会社、男子寮のおかずくん」/オトクニ

広告会社の男子寮に暮らす4人の男性が毎週金曜日の夜に「それぞれが作ったメシを持って皆でそれをかこんで食べるだけの会」を行っている…というお話。
おかず担当、お米担当、汁物担当、箸やすめ担当の4人に分かれているので1話につき1献立のアイデアがもらえるのも楽しいし(もちろんレシピも載っています!)、男子ごはんらしい大雑把さや豪快さがあるのも気軽に試せていいです。
何より、4人が同じ会社に勤めているからこその、お仕事漫画としての楽しさもある。仕事のトラブルや悩み事があっても金曜日の食事で挽回して気分転換する感じ、すごく楽しそうで読んでて憧れてしまいます。

広告会社、男子寮のおかずくん (クロフネコミックス)

広告会社、男子寮のおかずくん (クロフネコミックス)

その中で、既に私のこの夏定番になっている&twitterなどでもためしてみました報告が多いヒットレシピが、4人の中で一番物腰柔らかな南郷さん(箸休め担当)のエピソードに登場する「五味」です。
経理部に所属している南郷さんが、後輩の女の子を励ます場面…という導入シーンもとてもいいし、その後、5月中旬という季節柄もあって少々お疲れ気味の皆のために披露するレシピが五味。
揚げ豚に5種類の薬味をぶっかけるというとても試しやすいレシピなうえに、これ、めちゃくちゃ応用が利くんです。
活用レシピもたくさん載ってたけど、私が気に入ってるのは特典ペーパーに書いてあった、焼き油揚げに五味をかけるというもの。
楽だしおいしいし薬味どっさりとれて身体にも優しい感じがします。

主人公のおかず君(西尾和という名前で略しておかず君)の、仕事上での努力が報われる場面でお話が終わるのもぐっときた…。
まだまだこの4人のお話が読みたいので、続刊もあったらいいのにな…と思っています。
おすすめです!

こちらで試し読みもできます…!
comic.pixiv.net

作者のオトクニさんはpixiv作品も愛読していて、その頃からとにかく食関連の漫画がおいしそう&幸せで最高に好きだったので、このような形でオリジナル漫画が読めたのがとても嬉しいです!